手術がうまくなるためにできること

手術がうまくなりたいあなたにぜひ読んでいただきたいnoteがあります。

詳細はこちら
スポンサーリンク
外科

鼠径部ヘルニアの分類が新JHS分類に更新

日本ヘルニア学会で2006に提唱されたJHS分類が、今年2021年に更新されました。 ここにきて、International guidelines for groin hernia managementにて、鼠径部ヘルニア分類...
外科

肝切除における6つのゲートとその臨床的意義

肝切除におけるGlissonean pedicle approach 4つの解剖学的ランドマークに基づいて6つのゲートが提案された。 4つのランドマークとは、Arantius plate、umbilical plate、cyst...
外科

経鼻胃管とイレウス管の違いの比較

手術を回避できる確率には差がないということになっていますが、日本ではなるべくイレウス管を入れてもらうのがスタンダードです。 経鼻胃管 挿入が簡単で早い。 胃カメラや透視が不用。 小腸の減圧はできない 閉塞部の造影不能 抜去時の腸...
スポンサーリンク
外科

幽門側胃切除術の3つの再建法の比較

幽門側胃切除には、3つの主要な再建法がある。 ビルロートⅠ法 ビルロートⅡ法 ルーワイ法 である。 この3つの方法の特徴は外科医の必須知識。 ビルロートⅠ法 日本では長らく第一選択とされてきた再建法。 ...
外科

腹腔鏡手術とダビンチ(ロボット支援)手術との違いを9つの項目で比較

前立腺癌などの泌尿器科領域で始まったロボット支援下手術。 近年は、直腸癌や胃癌など、消化器外科領域でも広まってきている。 ここでは、ダビンチ(da Vinci)を始めとしたロボットと腹腔鏡とを比較してみたい。 手術時間 手術...
外科

「手前に引く」時に軸が干渉しないように注意しよう

腹腔鏡手術のTIPS TAPPなどで手前に引いてデバイスと干渉することがある。とくに右手を動かす時に左手が硬直する初心者に多いトラブル。 この時、少しだけ軸をズラしてあげると、スムーズに切りたいところにデバイスが入るようになる。...
外科

生きがいとは何か?『大好き』を極めて社会貢献せよ!

生きがいについての有名な図が以下。 簡単に言うと、 生きがい=大好き × 得意 × 社会的ニーズ × 役に立つ ということ。 これからの時代に求められるものこそが生きがい。 インターネットとAIによって...
外科

レビテーターの装着時のチェックポイント

腹腔鏡下S状結腸切除などの結腸直腸癌の手術だけでなく、胃切除などの上部消化管手術でも重要なレビテーターの装着。 以下の項目を満たしていることが必要です。 大腿部の高さが体幹部の高さを超えない→足が上がると術者らの手に干渉...
外科

鼠径ヘルニアの修復法Shouldice法について図解

Shouldice法はEHSで推奨されている、鼠径ヘルニアの修復法のひとつです。 純組織修復法であるため、局所麻酔で実施可能であったり、感染が懸念され、メッシュを使用できない場合にも実施可能であるという特徴があります。 鼠径管の解剖...
外科

ヌック管水腫 / 嚢胞についてのまとめ

Nuck管水腫とは Nuck管(ヌック管)は英語でcanal of nuck と呼ばれている。 Nuck管とは、女性では、胎生期に子宮円索の形成に伴って、鼠径管内に腹膜が入り込む。これを腹膜鞘状突起と呼ぶ。通常は腹膜鞘状突起は、生後...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました