ヌック管水腫 / 嚢胞についてのまとめ

ヌック管外科
スポンサーリンク

Nuck管水腫とは

Nuck管(ヌック管)は英語でcanal of nuck と呼ばれている。

Nuck管とは、女性では、胎生期に子宮円索の形成に伴って、鼠径管内に腹膜が入り込む。これを腹膜鞘状突起と呼ぶ。通常は腹膜鞘状突起は、生後1年以内に閉鎖するが、閉鎖せずに開存したままになったものをNuck管と呼ぶ。

ヌック管があると、女性の間接鼠径ヘルニアの原因となることがある。

ヌック管

Nuck管水腫とは、Nuck管内部に液が貯留した病態のことを指す。男性の陰嚢水腫に相当する。

Nuck管は子宮円靭帯に沿って存在しうるので、Nuck管水腫は女性の鼠径部~外陰部(大陰唇)の嚢胞性腫瘤として確認される。バルトリン腺囊腫や外陰部囊胞との鑑別も必要になる。

腹腔との交通がある交通性と、交通がない非交通性に分類され、交通性は小児に多く、非交通性は成人に多い。

ヌック管水腫

とくに若年女性でよく見られ、40代以下の女性の鼠径部腫瘤のうち50%以上が Nuck 管水腫であるという報告もある。

ヌック管水腫の症状

症状としては腫瘤・腫脹・膨隆が最も多く、次に疼痛・ 圧痛とされる。

症状は鼠径ヘルニアと似ており、鼠径ヘルニアとの鑑別が重要となる。また、海外では約 3 分の 1 に鼠径ヘルニアの合併が報告されており、Nuck管水腫と鼠径ヘルニアが両方同時に存在することもあり得る。

下記のように、子宮内膜症を合併することもあり、月経(生理)周期に伴って痛みが腫脹などの症状が悪化することがある。

ヌック管水腫の検査

エコー(超音波検査)

内部無エコーの嚢胞性腫瘤

comma-shaped lesion with its tail directed toward the inguinal canal(鼡径管に尾側を向けるコンマ型の形状)

cyst-in-cyst appearance(嚢胞内に多数の隔壁を有する)

非交通型であればバルサルバ法が鼠径ヘルニアとの鑑別に有用な可能性がある。

ヌック管水腫 エコー

ヌック管水腫のエコー:低エコー性で内部に隔壁を有する管状嚢胞性腫瘤

MRI

嚢腫の周囲に薄い壁を認める

T1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号の嚢胞性腫瘤として確認される。ここでもT2で内腔に隔壁が見られることが特徴である。

ヌック管水腫 MRI

 

ヌック管水腫の病理

ヌック管水腫と異所性子宮内膜症

Nuck管水腫は、異所性子宮内膜の迷入が見られることがあることが重要である。

報告にもよるが、約10%程度は異所性子宮内膜症の合併する。

切除した標本の取り扱いにつ いては,子宮内膜組織の迷入は水腫内だけではなく, 子宮円靱帯に存在することもある2)ため,全割して組 織を確認する必要がある.断端に子宮内膜組織があり, 遺残が疑われる場合には子宮円靱帯の追加切除の必要 性についての報告もある

ヌック管水腫と癌などの悪性腫瘍

稀ではあるが、Nuck 管水腫から発生した類内膜腺癌や、鼠径内膜症を発生母地とした明細胞癌の報告もある。

水腫を遺残させないことと、術後に病理学的評価を行うことが必要である。

ヌック管水腫の治療

痛みや腫脹を訴えて受診することが多く、NSAIDsなどによる鎮痛でまずは症状を緩和する。

上記のように子宮内膜症や悪性腫瘍のリスクもあるため、とくに痛みや腫脹などの症状が顕在化している場合は手術の適応となる。さらに子宮内膜症の合併を疑う場合は産婦人科との協議を行うことが望ましい。

ヌック管水腫の切除の際には、

水腫を破らず、残さず切除する

鼠径ヘルニアの予防 / 治療として後壁補強を行う

子宮円索を可及的に切除する

ことが重要。

術式としては、術前にヌック管水腫と診断がついているならば,子宮円靱帯を可及的に切除するという点では前方到達法によるアプローチが望ましい。

術前診断ができておらず、鼠径ヘルニアと考えて手術した場合は、TAPP法などの腹腔内到達法ではNuck管水腫を見落とす可能性がある。その場合、術後にNuck管水腫の症状が増悪することもあるため、前方アプローチによる再手術で子宮円靭帯切除を含めた手術を行うこともある。

参考文献

Cyst of Nuck: The Importance of Histopathological Evaluation - MedCrave online

Cyst of the Canal of Nuck in adult females: A case report and systematic review
Cysts of the canal of Nuck: ultrasound and magnetic resonance imaging findings
Cyst of the canal of Nuck is a rare cause of inguinal swelling in woman. We report a case of a cyst of the canal of Nuck in which sonography showed a tubular cy...

コメントで一緒に記事を盛り上げましょう!

タイトルとURLをコピーしました