スポンサーリンク
外科

嵌頓した鼠径ヘルニアの用手整復【禁忌や戻し方のコツを解説】

鼠径ヘルニアの嵌頓は救急外来で良く出会う疾患のひとつである。 上手く徒手整復(用手整復)できれば緊急手術が回避できる可能性が高まり、患者・医療者共にメリットが大きい。 ただ、鼠径ヘルニアの徒手整復(用手整復)にはコツがあり、少し...
外科

妊娠中の胆石症の管理

妊娠中の胆石症の概論 妊娠中の症候性胆石症は一般的である。 急性胆嚢炎は、妊娠中の非妊娠関連疾患による手術適応としては2番目に多く、妊娠1600人に1人の割合で発生する。 妊娠中、エストロゲンの上昇はコレステロールの分泌を...
外科

腹腔鏡手術のカメラ持ち(カメラ助手)のためのマニュアル

ラパロ(腹腔鏡)を用いた手術は術者と助手の協調によって初めて可能になる。そのためチームプレイが大変重要。とくに術者と前立ち助手の目となるカメラ持ち(カメラ助手やスコピストとも呼ばれる)の果たす役割は大変大きい。 ただし、外科の専門医だ...
スポンサーリンク
外科

腹腔鏡下胆嚢摘出術における ss-i(subserosal layer inner : 漿膜下層の内よりの層)とは?

胆嚢壁の外科解剖 胆嚢壁のSS層(漿膜下層)を2つの層に分割するという外科的解剖学の定義をまずは知っておく必要がある。 組織学的には、胆嚢壁のSS層は、血管組織と豊富な線維組織からなる内層(SS-Inner)と、脂肪組織...
筋トレ

各ボディーパーツ毎の一般的に推奨される1週間のトレーニングボリューム

胸部 MV ある程度経験を積んだ人は、最低週8セットが維持に必要です。 MEV ある程度経験を積んだ人は、最低限の筋肥大のために週10セット以上を必要とします。 MAV 多くの人は、平均して週12〜20セットによく反応します...
筋トレ

MRVの見つけ方を詳しく解説

今回は、前回の記事のキーワードである4つの指標(MV、MEV、MAV、MRV)のうち、MRVについてさらに詳しく解説していきます。 MRVとは MRVはmaximal recoverable volume(最大回復可能量)の略です。 ...
筋トレ

筋肥大のためのトレーニングボリュームの4つの指標

筋肥大を促す刺激として、トレーニングボリュームは最も重視すべき要素です。 しかし、どれくらいの量のトレーニングを行ったら良いかということを知らないと、十分な筋肥大が起こらなかったり、疲労しすぎたりしてしまいます。 この記事でのトレー...
外科

切除可能な同期性大腸癌肝転移を切除するのは一期的か二期的か?

結腸直腸癌において、切除可能な同時性肝転移を有する場合、一期的に原発巣と転移巣を切除するべきか、二期的にそれぞれを切除するべきかは悩ましい課題である。 この疑問に対しての臨床試験の結果が発表されていた。 参考文献 切除可能...
外科

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP、TEP)で最適なメッシュのサイズとは?

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術で使用するメッシュにはMやLなど、いくつかのサイズがある。 小さい方が剥離範囲が少なくても済むので敷きやすいが、大きい方がヘルニア門となりえる筋恥骨孔を広いオーバーラップを確保して被覆できる。 どのよう...
外科

詳細かつ具体的なICG負荷試験の実践ガイド

肝切除の際に肝臓の切除範囲を決めるに当たって重要な検査のひとつがICG負荷試験。 この検査は、患者さんには絶食や安静を強いたり、何度も採血をしたりという負担がある上に、時間通りに採血する必要があるためミスが許されない。 意外とや...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました