ガイドライン

スポンサーリンク
外科

女性の鼠径ヘルニアに対する特別な考慮事項のまとめ

鼠径部のヘルニアにおける男女差 鼠径ヘルニアの修復は、女性に比べて男性の方が多く受けており、その頻度は8~10倍である。 鼠径部のヘルニア全体では、男性の方が9~12倍の高い頻度で発生する。しかし、大腿ヘルニアに限ると女性の方が多く、そ...
外科

鼠径ヘルニアの診断方法【エコーや身体診察などの有用性】

鼠径ヘルニア診断のゴールドスタンダードは鼠径部の診察である。 局所的な不快感を伴い、圧迫などにより縮小する鼠径部の膨隆が存在するなどの明らかな臨床的特徴があれば、身体診察のみで鼠径ヘルニアと診断できる。 しかし、場合によっては各...
外科

成人の鼠径ヘルニア発症と術後再発の危険因子とは?

成人が一生のうち、累積で鼠径ヘルニア修復術を受ける確率は、男性で27~42.5%、女性で3~5.8%と決して低くはない。 成人における原発性鼠径ヘルニアと再発鼠径ヘルニアの発症には多くの危険因子が存在する。 これらの危険因子は、...
スポンサーリンク
外科

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP、TEP)で最適なメッシュのサイズとは?

腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術で使用するメッシュにはMやLなど、いくつかのサイズがある。 小さい方が剥離範囲が少なくても済むので敷きやすいが、大きい方がヘルニア門となりえる筋恥骨孔を広いオーバーラップを確保して被覆できる。 どのよう...
外科

癒着性小腸閉塞(ASBO)の診断・管理のためのボローニャガイドラインのまとめ

癒着性小腸閉塞(ASBO)の診断・管理のためのボローニャガイドライン(Bologna guidelines for diagnosis and management of adhesive small bowel obstruction (...
外科

急性虫垂炎のエルサレムガイドラインのまとめ

エルサレムガイドラインの推奨事項のまとめです。 上図 成人の急性虫垂炎の管理のアルゴリズム 上図 小児の急性虫垂炎の管理のアルゴリズム 診断 【ガイドライン】成人の急性虫垂炎疑いに対するスコアリングシ...
外科

癒着性小腸閉塞における特殊な患者群での留意事項

癒着性小腸閉塞の管理に関して、若年者や高齢者や妊婦などの特別な患者群で留意すべきことは何があるでしょうか? 今回は、癒着性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、学習しましょう。 Bologna guidelines f...
外科

癒着性小腸閉塞の管理(手術およびnon-operative management)

腸閉塞に遭遇した際、手術なのか非手術なのかの判断が最も悩ましいポイントだと思われます。 今回は、その辺りのことに関して、癒着性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、学習しましょう。 Bologna guidelines...
外科

癒着性小腸閉塞患者の診断と治療のアルゴリズム

急性小腸閉塞に関して、診断や治療はかなりまとまってきています。 そのため、一般的な管理について学習しておくことはとても大切です。 急性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、みていきましょう。 Bologna gu...
外科

癒着性小腸閉塞の予防のための推奨事項

癒着性腸閉塞は非常に頻度の多い術後合併症のひとつです。これを予防することは、患者さんにも医療者にも財政にとっても大きなメリットになります。 癒着を予防するためにはどのようなことに留意すれば良いのでしょうか? 今回は、癒着性小腸閉...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました