小腸閉塞

スポンサーリンク
外科

経鼻胃管とイレウス管の違いの比較

手術を回避できる確率には差がないということになっていますが、日本ではなるべくイレウス管を入れてもらうのがスタンダードです。 経鼻胃管 挿入が簡単で早い。 胃カメラや透視が不用。 小腸の減圧はできない 閉塞部の造影不能 抜去時の腸...
外科

なぜ腸閉塞やイレウスのCT読影で小腸が追跡できないのか?

血流障害の鑑別にはCTを読影できるようになるしかない 腸閉塞のCT読影において、腸管に血流障害があるかどうかは最も重要な鑑別事項のひとつ。 これまでたくさん血液検査などで血流障害の有無が鑑別できないか研究されてきたが、決定的なものは...
外科

癒着性小腸閉塞(ASBO)の診断・管理のためのボローニャガイドラインのまとめ

癒着性小腸閉塞(ASBO)の診断・管理のためのボローニャガイドライン(Bologna guidelines for diagnosis and management of adhesive small bowel obstruction (...
外科

癒着性小腸閉塞における特殊な患者群での留意事項

癒着性小腸閉塞の管理に関して、若年者や高齢者や妊婦などの特別な患者群で留意すべきことは何があるでしょうか? 今回は、癒着性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、学習しましょう。 Bologna guidelines f...
外科

癒着性小腸閉塞の管理(手術およびnon-operative management)

腸閉塞に遭遇した際、手術なのか非手術なのかの判断が最も悩ましいポイントだと思われます。 今回は、その辺りのことに関して、癒着性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、学習しましょう。 Bologna guidelines...
外科

癒着性小腸閉塞患者の診断と治療のアルゴリズム

急性小腸閉塞に関して、診断や治療はかなりまとまってきています。 そのため、一般的な管理について学習しておくことはとても大切です。 急性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、みていきましょう。 Bologna gu...
外科

癒着性小腸閉塞の予防のための推奨事項

癒着性腸閉塞は非常に頻度の多い術後合併症のひとつです。これを予防することは、患者さんにも医療者にも財政にとっても大きなメリットになります。 癒着を予防するためにはどのようなことに留意すれば良いのでしょうか? 今回は、癒着性小腸閉...
外科

腸管の癒着をグレーディング(分類)するPAIとは?

違いが分かることは対策を最適化するのに重要なことです。実は癒着にもグレーディングがあることをご存知でしょうか? 今回は、急性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、腸閉塞に関連する分類法について学習しましょう。 Bolo...
外科

腸閉塞に関連した用語の定義

正しく用語を使用することは、正確な情報伝達のためには非常に重要な要素です。 今回は、急性小腸閉塞に関するボローニャガイドラインを参考に、腸閉塞に関連する基礎的な用語についてのおさらいをしていきましょう。 Bologna guid...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました