手技

スポンサーリンク
外科

「手前に引く」時に軸が干渉しないように注意しよう

腹腔鏡手術のTIPS TAPPなどで手前に引いてデバイスと干渉することがある。とくに右手を動かす時に左手が硬直する初心者に多いトラブル。 この時、少しだけ軸をズラしてあげると、スムーズに切りたいところにデバイスが入るようになる。...
外科

鼠径ヘルニアの修復法Shouldice法について図解

Shouldice法はEHSで推奨されている、鼠径ヘルニアの修復法のひとつです。 純組織修復法であるため、局所麻酔で実施可能であったり、感染が懸念され、メッシュを使用できない場合にも実施可能であるという特徴があります。 鼠径管の解剖...
外科

局所麻酔下の鼠径ヘルニアの修復手術のテクニックや全身麻酔との比較

鼠径ヘルニア修復術の麻酔には、以下の3種類がある。 (1)全身麻酔、(2)硬膜外麻酔または脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔)、(3)局所麻酔(±鎮静)である。 現在、鼠径ヘルニア手術の前方アプローチによる手術の場合、局所麻酔で手術する...
スポンサーリンク
外科

臍ヘルニアの5つの分類と臍形成の3つの方法

消化器・一般外科医が成人の臍ヘルニアで臍形成を行う機会は度々あると思います。 臍ヘルニアで臍形成を行うのはもちろんですが、腹腔鏡手術が増えて、臍輪を切開することが増えてきた結果、消化器外科医がきれいな臍窩を形成できるというニーズが高ま...
外科

閉鎖孔ヘルニアの疫学・診断・症状・手術法のまとめ

疾患の概要 閉鎖孔ヘルニアは比較的まれな骨盤部のヘルニアです。 恥骨と坐骨によって形成される閉鎖孔をヘルニア門とするヘルニアです。 閉鎖孔の解剖 恥骨と坐骨によって形成されるのが閉鎖孔です。 ...
外科

DST(double stapling technique)による端々吻合

今回は、主に、S状結腸切除や直腸低位前方切除において実施される、DST(double stapling technique)を用いた端々吻合について解説したいと思います。 肛門側の腸管切離 まず十分に腸管を肛門側まで授動しておきます。こ...
外科

『動画付き』デルタ吻合の手技を手順を追って動画とイラストで解説

デルタ吻合とは デルタ吻合とは、胃癌などに対して行われる幽門側胃切除術の再建法のひとつです。 腹腔鏡手術の発展によって、腹腔内での再建法が必要となり、ビルロート I 法(B I法)に似た再建ができるように、金谷誠一郎先生によって...
外科

『動画付き』結腸脾彎曲部の授動を解説

結腸脾彎曲部は、多数の膜構造や膵などの重要臓器が入り組んでおり、解剖学的に複雑であることや、腹腔内の辺縁にあり、物理的に遠く見えづらい位置にあることなどから、この部分の結腸の授動は比較的難易度の高い手技のひとつです。 今回は結腸脾彎曲...
外科

『動画付き』外科手術でのハサミ(剪刀:せんとう)の使い方

ハサミ(剪刀)の種類 外科で使用する剪刀には主に、Cooper(クーパー)、Mayo(メイヨー)、Metzenbaum(メッツェンバウム)があります。 そして、それぞれをベースとして、先端が彎曲したものや直線的なもの、中には直角...
外科

クランプクラッシュ(clamp crush)法の応用

クランプクラッシュ(clamp crush)法とは clamp crush 法は,元々は肝臓の手術で開発された手技です。 clamp crush 法の原法とは、ペアン鉗子で肝実質を圧挫(Clamp and Crush)し、残ったグリ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました