手術

スポンサーリンク
外科

肝切除における6つのゲートとその臨床的意義

肝切除におけるGlissonean pedicle approach 4つの解剖学的ランドマークに基づいて6つのゲートが提案された。 4つのランドマークとは、Arantius plate、umbilical plate、cyst...
外科

腹腔鏡手術とダビンチ(ロボット支援)手術との違いを9つの項目で比較

前立腺癌などの泌尿器科領域で始まったロボット支援下手術。 近年は、直腸癌や胃癌など、消化器外科領域でも広まってきている。 ここでは、ダビンチ(da Vinci)を始めとしたロボットと腹腔鏡とを比較してみたい。 手術時間 手術...
外科

「手前に引く」時に軸が干渉しないように注意しよう

腹腔鏡手術のTIPS TAPPなどで手前に引いてデバイスと干渉することがある。とくに右手を動かす時に左手が硬直する初心者に多いトラブル。 この時、少しだけ軸をズラしてあげると、スムーズに切りたいところにデバイスが入るようになる。...
スポンサーリンク
外科

鼠径ヘルニアの修復法Shouldice法について図解

Shouldice法はEHSで推奨されている、鼠径ヘルニアの修復法のひとつです。 純組織修復法であるため、局所麻酔で実施可能であったり、感染が懸念され、メッシュを使用できない場合にも実施可能であるという特徴があります。 鼠径管の解剖...
外科

女性の鼠径ヘルニアに対する特別な考慮事項のまとめ

鼠径部のヘルニアにおける男女差 鼠径ヘルニアの修復は、女性に比べて男性の方が多く受けており、その頻度は8~10倍である。 鼠径部のヘルニア全体では、男性の方が9~12倍の高い頻度で発生する。しかし、大腿ヘルニアに限ると女性の方が多く、そ...
外科

局所麻酔下の鼠径ヘルニアの修復手術のテクニックや全身麻酔との比較

鼠径ヘルニア修復術の麻酔には、以下の3種類がある。 (1)全身麻酔、(2)硬膜外麻酔または脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔)、(3)局所麻酔(±鎮静)である。 現在、鼠径ヘルニア手術の前方アプローチによる手術の場合、局所麻酔で手術する...
外科

切除可能な同期性大腸癌肝転移を切除するのは一期的か二期的か?

結腸直腸癌において、切除可能な同時性肝転移を有する場合、一期的に原発巣と転移巣を切除するべきか、二期的にそれぞれを切除するべきかは悩ましい課題である。 この疑問に対しての臨床試験の結果が発表されていた。 参考文献 切除可能...
外科

後腹膜剥離先行内側アプローチのポイントと手術手順

右側結腸癌に対する手術のポイント 安全かつ確実な surgical trunkの郭清を行うこと 膵臓や十二指腸損傷の回避すること 中結腸動脈の適切な処理を行うこと 後腹膜剥離を先行する利点 通常の内側ア...
外科

急性虫垂炎の治療の比較【CODA試験:手術と抗生物質による保存的治療】

2020年10月5日のNew England of Medicineで単純性急性虫垂炎の治療の比較がされてい他ので少し掘り下げて見てみたい。 The Comparison of Outcomes of Antibiotic Drugs...
外科

特殊な患者での腹腔鏡と開腹虫垂切除の比較【ガイドライン】

高齢者や肥満患者やハイリスク患者や妊婦など、特定の患者グループでは、腹腔鏡下虫垂切除術が開腹虫垂切除術よりも優れているでしょうか? 今回はこの辺りの疑問について、エルサレムガイドラインを参考に見ていきたいと思います。 Diagn...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました