診断

スポンサーリンク
外科

鼠径ヘルニアのエコー診断の方法や所見を画像で解説

エコーは最も低侵襲な技術であり、患者に放射線を照射しないというメリットがある。 しかし、検査者の技量によって検査の精度が変わってくるため、適切な検査法や解剖学的構造を理解しておく必要がある。 鼠径ヘルニアの診断におけるエコーの感度や...
外科

虫垂炎のリスクが低い患者を確実に特定するのに適した臨床スコアリングシステムは?

虫垂炎が疑われる成人の患者に対して、安全に急性虫垂炎が除外できるかという課題に対する文献のシェアです。 参考文献 Evaluation of appendicitis risk prediction models in adults w...
外科

ナットクラッカー症候群(nut cracker syndrome)にまつわるエトセトラ

左側腹部痛訴える患者さんが来て、血尿があったけど、尿管結石がない…。 そんな時は、ナットクラッカー症候群かもしれません。 今回は、ナットクラッカー症候群について学びましょう。 ナットクラッカー症候群の病態 ナットクラッカー症...
スポンサーリンク
外科

妊婦にCTは可能?急性虫垂炎を疑う場合の画像検査戦略

妊娠中の急性虫垂炎の罹患率は、非妊娠時に比べて低いです。 ただし、妊娠中に発症する急性腹症の中で最も頻度が高いのが急性虫垂炎です。 今回は、妊婦で急性虫垂炎が疑われる場合の画像診断の戦略について学びましょう。 妊婦の急性虫垂炎...
外科

高齢者の急性虫垂炎の特徴

高齢者の急性虫垂炎が、高齢化に伴い増加しています。 しかし、高齢者は症状が分かりにくいことが多く、診断が難しいです。 そもそもお腹が痛いのかどうかすら分からない、認知症のため身体所見が全く当てにならない、なんていうことも頻繁にありま...
外科

急性虫垂炎に大腸癌が関連する場合の留意事項

やたらと腫大した虫垂の急性虫垂炎で、悪性腫瘍の可能性を考えていなくて、指導医に指摘されて焦った経験はないでしょうか? 実は、急性虫垂炎と大腸癌は、どちらも頻度が高い疾患であるため、両者が同時に存在することは珍しいことではありません。 ...
外科

急性虫垂炎のCT読影の手順や鑑別疾患や注意点

急性虫垂炎は頻繁に遭遇する急性腹症の原因です。 放射線科医や外科医だけでなく、研修医や内科医であっても読影できるスキルが求められます。 しかし、これが意外と難しいです。とくに忙しい救急外来や、まさか急性虫垂炎だなんて思っていない...
外科

急性虫垂炎の画像検査におけるCTと超音波(エコー)の使い分け

急性虫垂炎を始めとした急性腹症の診断において、超音波(エコー)とCTが有用であることは周知の事実です。 では、この2つの検査を使い分ける時に、どのような点に注意したら良いのでしょうか? 2つの検査を的確に使い分けるためには、超音...
外科

急性虫垂炎のガイドラインにおける画像検査の推奨事項

急性虫垂炎の診断や手術治療に関するWSES(World Society of Emergency Surgery)のエルサレムガイドラインが、2015年版から2020年版にアップデートされました。 急性虫垂炎が疑われる場合の画像検査の意義...
外科

【ガイドライン】急性虫垂炎の診断におけるバイオマーカーの意義

急性虫垂炎の診断や手術治療に関するWSES(World Society of Emergency Surgery)のエルサレムガイドラインが、2015年版から2020年版にアップデートされました。 急性虫垂炎が疑われる場合、各種のバイオマ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました