鼠径ヘルニア

スポンサーリンク
外科

鼠径部ヘルニアの分類が新JHS分類に更新

日本ヘルニア学会で2006に提唱されたJHS分類が、今年2021年に更新されました。 ここにきて、International guidelines for groin hernia managementにて、鼠径部ヘルニア分類...
外科

鼠径ヘルニアの修復法Shouldice法について図解

Shouldice法はEHSで推奨されている、鼠径ヘルニアの修復法のひとつです。 純組織修復法であるため、局所麻酔で実施可能であったり、感染が懸念され、メッシュを使用できない場合にも実施可能であるという特徴があります。 鼠径管の解剖...
外科

ヌック管水腫 / 嚢胞についてのまとめ

Nuck管水腫とは Nuck管(ヌック管)は英語でcanal of nuck と呼ばれている。 Nuck管とは、女性では、胎生期に子宮円索の形成に伴って、鼠径管内に腹膜が入り込む。これを腹膜鞘状突起と呼ぶ。通常は腹膜鞘状突起は、生後...
スポンサーリンク
外科

女性の鼠径ヘルニアに対する特別な考慮事項のまとめ

鼠径部のヘルニアにおける男女差 鼠径ヘルニアの修復は、女性に比べて男性の方が多く受けており、その頻度は8~10倍である。 鼠径部のヘルニア全体では、男性の方が9~12倍の高い頻度で発生する。しかし、大腿ヘルニアに限ると女性の方が多く、そ...
外科

局所麻酔下の鼠径ヘルニアの修復手術のテクニックや全身麻酔との比較

鼠径ヘルニア修復術の麻酔には、以下の3種類がある。 (1)全身麻酔、(2)硬膜外麻酔または脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔)、(3)局所麻酔(±鎮静)である。 現在、鼠径ヘルニア手術の前方アプローチによる手術の場合、局所麻酔で手術する...
外科

鼠径ヘルニアのエコー診断の方法や所見を画像で解説

エコーは最も低侵襲な技術であり、患者に放射線を照射しないというメリットがある。 しかし、検査者の技量によって検査の精度が変わってくるため、適切な検査法や解剖学的構造を理解しておく必要がある。 鼠径ヘルニアの診断におけるエコーの感度や...
外科

鼠径ヘルニアの診断方法【エコーや身体診察などの有用性】

鼠径ヘルニア診断のゴールドスタンダードは鼠径部の診察である。 局所的な不快感を伴い、圧迫などにより縮小する鼠径部の膨隆が存在するなどの明らかな臨床的特徴があれば、身体診察のみで鼠径ヘルニアと診断できる。 しかし、場合によっては各...
外科

成人の鼠径ヘルニア発症と術後再発の危険因子とは?

成人が一生のうち、累積で鼠径ヘルニア修復術を受ける確率は、男性で27~42.5%、女性で3~5.8%と決して低くはない。 成人における原発性鼠径ヘルニアと再発鼠径ヘルニアの発症には多くの危険因子が存在する。 これらの危険因子は、...
外科

鼠径ヘルニアを蚊帳で治す!蚊帳メッシュと市販合成メッシュとの比較

鼠径ヘルニアは男性の27%が発症するとされる非常に一般的な疾患である。 治療には手術が必要となるが、再発率を低減するために、一般的にはメッシュによる修復が行われる。 しかし、このメッシュがなかなか高価なものである。とくに発展途上...
外科

嵌頓した鼠径ヘルニアの用手整復【禁忌や戻し方のコツを解説】

鼠径ヘルニアの嵌頓は救急外来で良く出会う疾患のひとつである。 上手く徒手整復(用手整復)できれば緊急手術が回避できる可能性が高まり、患者・医療者共にメリットが大きい。 ただ、鼠径ヘルニアの徒手整復(用手整復)にはコツがあり、少し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました